読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzanine

開発業者勤務(東京・仙台) → 四国松山へUターン。建築・都市・街・不動産・観光などに関するメモ。

宝珍楼

久々の武蔵小杉だったので、ランチは久々に新丸子の「宝珍楼」に行く。新丸子は武蔵小杉から400メートルほど、歩いて5分ほどの距離にある駅。
この商店街の中に位置するのが宝珍楼(設計:納谷建築設計事務所)。

商店街にぽっかりと穴が開いたような外観は「商店街の中華料理屋」のイメージを一新してくれる。女の子も入りやすいし、当日も学生カップルがちらほら。
二階の天井が高くて気持ちよさそうなんだけど、二階はあまり使われていないようで残念。パーティや、あるいは人が多いときなどに使うのだろうけど、一階の天井高を少し上げたほうが…というのが個人的な意見。隣りの建物と比較してみると、二階の高さが約二層分あるのが分かる。二階を見ているとここでパーティをやってみたいなあ、と思わせてくれる。

(写真は一階)