読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzanine

開発業者勤務(東京・仙台) → 四国松山へUターン。建築・都市・街・不動産・観光などに関するメモ。

写真を本城直季風に加工してみる

雑記 都市

6月19日のエントリ(http://d.hatena.ne.jp/ida-10/20060619/p2)の続き。
週末、久々に都庁にのぼって写真を撮ってみた。本城直季風のウソっぽい写真の材料にしようと思ったからだけど、高いところから見る風景というのはそれだけでウソっぽくて、人がゴミのよう、というある人(?)の言葉にも納得。それを135ミリのレンズを通して注意深く見ていると、まるでシムシティでもやっているかのようにさえ思えてくる。

手っ取り早く加工してみる。

新宿三井ビルの足元。

西新宿1丁目あたり。

新宿中央公園でサッカーに興じる若者。

うーん、こんなもんかなあ。もっと彩度やコントラストを上げて、細部をつぶすように仕上げていけばいい具合になりそう。撮影当日は曇りでややかすんでいたので、晴れの日に撮れればもっといい(加工の)ネタになりそうだ。

ついでに、都庁の南展望室で「ランドマーク・オブ・ニューヨーク」展をみる。NYの歴史的重要建造物保護法の施行40周年を記念しての展示らしい。