読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzanine

開発業者勤務(東京・仙台) → 四国松山へUターン。建築・都市・街・不動産・観光などに関するメモ。

オシャレカフェについて考える

建築 都市

その後Apres-midi(アプレミディ)へ。いわゆるオシャレカフェ。結構混んでるなー。
こういうカフェには、気持ちよくデザインの良いソファ、暗い店内、照度を落とし暖かい色の照明、さりげなくおしゃれなスタッフがつきもの。言い換えれば、これらはオシャレカフェのイコンとして存在している。ここに建築の良し悪しは問われない。これは内部を作りこむというインテリアの領域である。
…そう考えてふと思う。これはオタクがアニメ絵を個室や、渋谷・吉祥寺の裏通りの中に隠匿し、内側に向かって行く(内向)ということ*1と同じような現象であるのではないか、と。立地が繁華街のはずれに位置するところも似ている。むむ、オタクとオシャレ、全く異なる二つが実は同じ構造をもつような気がしてきたぞ。