読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mezzanine

開発業者勤務(東京・仙台) → 四国松山へUターン。建築・都市・街・不動産・観光などに関するメモ。

「白線の内側にお下がりください」

上京した頃からの素朴な疑問だが、駅のホームで「白線の内側にお下がりください」っていうのに違和感をおぼえている。内側、って線路側なんじゃないの?って。
でも考えてみたら、「人のいる側」が内側なんだろう。ホームで電車を待っているときはホームが内側。だから、「白線の内側にお下がりください」は正しい。で、思うに、電車に乗ったら電車が内側でホームが外側なのだ。私の視点は、ホームにいながらも電車の中にあったわけで、だから違和感があったのだろう。
そうだとすると、駅という空間は内側と外側が常に変化する場であるといえる。そういうのって豊かだなあ、と思う。駅が好きな理由のひとつはここにもあるだろうなと思った。